歯を白くするホワイトニングとは

ホワイトニングは歯についた黄ばみなどの汚れをきれいにして歯を白くするものです。
主に歯科医院でホワイトニング剤を歯に塗布し、それに光をあてて行います。

現時点で最高のnanapiに関しての情報を紹介しているサイトです。

その他にも自宅でホワイトニング剤を塗布したマウスピースを数時間ほど装着して行うものもあります。

ホワイトニング剤には一般的に過酸化水素や過酸化尿素が用いられていて、過酸化水素には強い漂白作用があり短時間で強い効果を得ることができます。

これを歯に塗布した後にLEDやレーザーなどで光をあてながら熱を加えます。

そうすることによって、過酸化水素が酸素と水に分解されその際に発生する酸素がエナメル質の唾液の中の糖タンパクによって作られる薄い皮膜や歯垢層などの有機物にくっついて色素を無色透明に分解していきます。

自宅で行う場合には、主に過酸化水素を含むものをマウスピースに塗布してあり、それを数時間歯に装着することによって過酸化尿素が視線に分解されていき過酸化水素と尿素に分かれます。

過酸化水素の漂白作用によって歯を白くしていくことができます。



歯の色はエナメル層の内側にある象牙質の黄色みがかっている色が透けて見えているので、どちらの方法でもエナメル層を漂白しただけでは歯を白くすることはできません。

自分に合った渋谷のホワイトニングの情報サイトを利用して良かった。

そのため過酸化水素が分解されてできる酸素によって行われるマスキング効果でエナメル層の構造を変化させることによって象牙質の色を隠して歯を白く見えるようにすることができるようになります。

ホワイトニングは歯科医師の指導の下に正しく使えば危険なものではないので歯科医院でも自宅でも自分の行いやすい方法で歯を白くすることができます。